×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[TOYページへ]
[TOPページへ]


■ 完成品フィギュア

《 やまと 1/7スケール vmf 攻殻機動隊S.A.C. 草薙 素子》

 

やまとさんの新シリーズ「vmf」1弾、出そうでなかなか出なかった動く少佐。
1/7スケール表記ですが、サイズとしては1/8といったところ。
なかなかの良い“ごつさ”だ。





パッケに「付属の手首パーツ〜」云々書いてますが、そんなもん無いよ(´・ω・`)
後述の銃を持つ保持も弱いしー。
顔も一種類のみ。



作中にて隊員が持つセブロM-5が付属。
先に書いたようにグリップ甘くてポロポロ落ちる。



腕パーツを外して肘から上を差し替え交換してジャケット脱着を変更。
上半身の可動がグンと上がる。
とはいえ、肘は180度近く曲げれますが肩は引き出しが無い単一ボールジョイントなんで可動範囲は並。

可動箇所は他、胸の下と股関節が単一ボールジョイント。
足首がダブルボールジョイント。
膝が二段可動となっております。
股関節にもうちょっと余裕があればなぁ。



武器はM-5の他、同じくセブロ社製C-26Aも付属。
ただ、値段を考えるともう少し小物が欲しいよね。



可動は並、ディテールはなかなか。
アクションフィギュアとしては今の時代を考えると残念な部分が多いですが、複数のポーズで飾れるスタチューとしては十分なレベルかと。
肘膝のプロポーション、バランスが良い。
コスト面で厳しいですが、触ってみると案外と楽しめるフィギュアですよ。
攻殻好きは買って損は無い。
んーでもせめて手首は別パーツ数点付けても良かったんでないのー?



[TOYページへ]
[TOPページへ]