×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[TOYページへ]
[TOPページへ]


■ コレクションフィギュア

《 アトリエ彩 デュエルメイド 》

アトリエ彩さんの10周年記念シリーズと銘打ったアイテム。
トレーディングフィギュアですが表記から舞乙-HIMEのAFと同じシリーズのようですね。
本体の他、専用台座と交換用の手が左右2種ずつ付属。
手は左右それぞれ、武器持ち手・握り手・平手の3種類から選べます。
可動は首と股関節に足首がボールジョイント、肘膝が軸可動、肩関節に球型ジョイント。
それに、肩下と太股がロール可動します。
内股にしきれなかったりしますが、こちらは多少手を入れればなんとかなるレベル。
ちょっといじれば下手なアクションフィギュアより全然動く代物になりますな。
となると、問題は立地の安定感の無さか。
台座、軸の位置がもう少しずれてればなぁ。
足首の可動ももっと余裕が欲しい。
あと、肩のフリルは横軸に挟み込むだけなんでポロポロ落ちるのも難点。
こちらは仕方ないですかねぇ。

説明はこれぐらいで、キャラ別画像。
曲刀持ちの黄色だけ出なかったなぁ。
ノーマルで通せば赤もか。
ノーマル3種・リペイント2種の計5種レビューです。



[ ベルリネッタ ]

主人公的ポジションの人。
なにこのファミレス戦士プリ(ry
剣、安っぽい物かと思ってたんですが現物はなかなか悪くない。
ちょっと特撮入ってます。
髪のツインテもロール軸接続なんで向き変えれます。



付属の台座はどうしても使い辛いんで、画像みたく自前で用意したほうが良いかもね。
次弾では改善してるかなぁ。



[ ルーテシア ]

パッケ絵では笑顔で鎌を振るうガクブルな人。
得物の鎌は本体そのものを持つのではなく、横に伸びた軸を掴む形。



[ ルーテシア(シャドウ) ]

リペイントカラーのシャドウ版。
ノーマルとの違いはカラーリングの他、ガーターベルトの追加に加えて、目の向きが正面になっております。
それにしても鎌持ち、ポーズ付け辛ぇー。



[ エリーゼ ]

どこかで見たような人。
素体はほぼ共通ですが胸部の衣装がルーテシアとエリーゼ、それ以外の3種で地味にデザインが違ってたりします。
緑と青の子の衣装はちょっと味気ないかなぁ。



こっちはむしろ、顔の表情からポージングが難しいな。



[ カレラ(シャドウ) ]

トンファーの子。
顔の表情と合わせて、アクションポーズが一番決まる子ですやね。
欲を言えばトンファーがもう一個欲しかったかも。



武器が武器だけに、さすがによく動く。
派手なポージングが実に決まる。



[ シェルビー ]

曲刀持ちの黄色。
なんかもう、メイドというよりウェイトレスって感じだな(苦笑



ベルリエッタと比べて、得物の柄が長いんで両手持ちしやすいのが特徴。
ポージングが面倒でパーツがポロポロ落ちるけどね。



こんな感じ。
発売前はさほど注目されてなかったですが、手軽に買えるAFとしてよく出来たアイテム。
細かい不満点はあるものの、補うに十分な魅力のあるフィギュアですやね。
2弾も期待したいところ。

[ デュエルメイドIIへ続く ]

[TOYページへ]
[TOPページへ]